備忘録的プログラミングリファレンス

SubtleCrypto インターフェイス

 SubtleCrypto インターフェイスは、暗号に利用できるプリミティブの作成方法を定義しているインターフェイスです。
 このインターフェイスは、暗号に関する文字列などを作成するメソッド群を提供します。

 このインターフェイスのメソッドは、 window.crypto のプロパティ .subtle オブジェクトを通してメソッドを利用します。

.crypto.subtle.encrypt()の利用例
window.crypto.subtle.encrypt(...);

 window.crypto.subtle.encrypt(...) または crypto.subtle.encrypt(...)と定義します。

メソッド(Methods)

Method摘要
.encrypt()引数に与えられた平文テキストおよびアルゴリズム、鍵に対応する暗号化されたデータの Promise を返します。
.decrypt()引数に与えられた暗号化されたテキストおよびアルゴリズム、鍵に対応する平文データの Promise を返します。
.sign()引数に与えられたテキストおよびアルゴリズム、鍵に対応する署名の Promise を返します。
.verify()引数に与えられた署名が、同じく引数に与えられたテキストおよびアルゴリズム、鍵と一致するかどうかを示す Boolean 値の Promise を返します。
.digest()引数に与えられたアルゴリズムとテキストから生成されたダイジェストの Promise を返します。
.generateKey()引数に与えられたアルゴリズム、抽出可能性、使用法と一致する、対称アルゴリズムでは新たに生成された CryptoKey の Promise を、非対称アルゴリズムでは 2 個の新たに生成された鍵を含む CryptoKeyPair (en-US) の Promise を返します。
.deriveKey()引数に与えられたマスターキーと特定のアルゴリズムによりもたらされる、新たに生成された CryptoKey の Promise を返します。
.deriveBits()引数に与えられたマスターキーと特定のアルゴリズムによりもたらされる、疑似乱数ビットの新たに生成されたバッファーの Promise を返します。
.importKey()引数に与えられた書式およびアルゴリズム、生の鍵データ、使用法、抽出可能性に対応する CryptoKey の Promise を返します。
.exportKey()要求された書式内の鍵を含むバッファーの Promise を返します。
.wrapKey()安全でない環境での使用法 (transfer, storage) について、ラップされた対称鍵の Promise を返します。返されるラップされたバッファーは、引数に与えられた書式内にあり、与えられたアルゴリズムで与えられたラッピング鍵によりラップされた鍵を含みます。
.unwrapKey()引数に与えられたラップされた鍵に対応する CryptoKey の Promise を返します。