備忘録的プログラミングリファレンス

toLocaleString()メソッド

 toLocaleString()メソッドは、数値、パーセント、通貨、日付、時刻といったデータをローカル(国)に合わせた表記に変換するインスタントメソッドです。

toLocaleString()メソッド
var num=123456789.123456789;
var jp_num = num.toLocaleString('ja-JP');

var date = new Date();
var jp_date = date.toLocaleString('ja-JP-u-ca-japanese',{hour12:true, era:"long"});
詳しくはExampleを参照してください

Syntax

in JavaScript

返り値はString型です。変換するオブジェクトデータにはNumber、Dateなどがあります。

String = Number.toLocaleString([locales[, options]]);
String = Date.toLocaleString([locales[, options]]);

引数(Parameter Values)

Value摘要
locales初期値(default値)はアメリカの表記。日本表記は、'ja-JP'、'ja-JP-u-ca-japanese'など。詳しくはIntlを参照してください。
optionslocalesによる表記をより詳しく調整できます 詳しくは以下を参照してください。

数値の場合(数値、パーセント、通貨)

 数値、Numberオブジェクトにおけるoptionsの値についてです。先に定義例を紹介します。

var en_string = number.toLocaleString("jp-JP",{style:"currency",currency:"JPY"});
var _string = number.toLocaleString(,{maxnumSignificantDigits:2});
optionsの値一覧
style 数値における型を指定
"decimal"(デフォルト)..プレーンな数値
"currency"..通貨
"percent"..パーセント
localeMatcher
"best fit"(デフォルト)..
"lookup"..
currency ISO4217の通貨コード
"USD"..USドル
"EUR"..ユーロ
"JPY"..日本円
currencyDisplay 通貨フォーマット
"symbol"..通貨シンボルを付加
"code"..ISOの通貨コード
"name"..通貨名のローカライズ
useGrouping 桁区切りの有無
true/false
minimumIntegerDigits 整数の最小桁。1〜21で指定。
minimumFractionDigits 少数の最小桁。0〜20で指定。
maxnumFractionDigits 少数の最大桁。0〜20で指定。mininumFractionDigitsとどちらか大きい方。
minimumSignificantDigits 最小有効桁数。1〜21で指定。デフォルトは1。
maxnumSignificantDigits 最大有効桁数。1〜21で指定。デフォルトはminimumSignificantDigits。

Example

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。