備忘録的プログラミングリファレンス

<form>

 サーバーへのデータ送信ができます。データの入力は<input><select><textarea><button>によって受け付けます。
 データの送信はスクリプトでもできます。スクリプトでは非同期通信が可能で、javascriptではajaxとも呼ばれていますが、サーバー側で非同期に対応する必要があります。

属性

 グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
name*必須。タグエレメントを特定するための属性です。
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。
action送信先のURL(例:cgi-bin/***.cgi)です。
method データの送信形式
enctype エンコード形式(送信するデータのmimeタイプ)

methodについて

 postがdefaultです。データを隠すことができます。ファイルのアップロードではpostを使います。
 getはURLに追記する形で送信。内容が丸見えになります。

enctypeについて

 application/x-www-form-urlencodedがdefaultです。URLエンコードします。
 multipart/form-dataはファイルのアップロード用です。サーバー側にもファイルを受け付けられるようにする必要があります。
 text/plainはスペースが+に置き換わるだけでURLエンコードなしです。

ボタンの作成

submitボタン
作成する 作成しない
"


<fieldset>,<legend>

 <form>内の項目をグループ化するのに使用します。<fieldset>によってグループ化されたグループ間をタブで移動することができます。

 <legend>は、<fieldset>によって作られたグループにグループ名を付けることができます。

属性

 グローバル属性を持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
name*必須。タグエレメントを特定するための属性です。
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。