備忘録的プログラミングリファレンス

floatプロパティ

 floatプロパティは、エレメントを右寄せまたは左寄せするプロパティです。
 このプロパティが設定されるとその他の内容が回り込み表示になります。 そのためにエレメントが浮動すると表現されます。

 浮動する表示を止めるには、clearプロパティを指定します。clear: right | left | both;です。

 floatプロパティは、画像を回り込み表示させたい場合などに使用します。

画像の回り込み表示
img.example{
	float: right;
}

.clear_float {
	clear: both;
}

構文(Syntax)

CSS

float: none | left | right | inline-start | inline-end ;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.cssFloat;
値の設定
object.style.cssFloat=" none | left | right | inline-start | inline-end ";

Values

value概要
none初期値です。浮動しません。
left親要素に中で左側に浮動します。その他は回り込むように表示されます。
right親要素に中で右側に浮動します。
inline-start親要素の中で内容が始まる側(多くは右上)に浮動します。
inline-end要素の中で内容が終わる側(多くは左上)に浮動します。
initial初期値に戻します。
inherit親エレメントから継承します。

Remarks(備考)

Default value(初期値)none
Inherited(継承)No
AnimatableNo