備忘録的リファレンス

overflowプロパティ

 overflowプロパティは、エレメントの内容がはみ出るとき(オーバーフロー)の表示方法を指定するプロパティです。そのまま表示、はみ出る部分を表示しない、スクロールを付けるといったことができます。

overflowプロパティの値を半角スペースで区切ることでoverflow-xoverflow-yプロパティを一括して指定することができます。

表示し切れない部分があるとスクロールを設定
overflow: scroll;

構文(Syntax)

CSS

overflow: visible | hidden | clip | scroll | auto;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.overflow;
値の設定
object.style.overflow="visible | hidden | clip | scroll | auto"

Values

value概要
visible初期値(default値)、エレメント領域をはみ出して表示
hiddenエレメント内に収まらない部分は表示しない
scroll内容が収まるようにスクロールバーを設定。印刷ではスクロールバーは無視されることがある
auto内容が収まるようにスクロールバーを設定、内容が収まるならスクロールバーは設定されない
initial初期値に戻します。
inherit親エレメントから継承します。

Remarks(備考)

Default valuevisible
Inherited(継承)No
AnimatableNo