備忘録的プログラミングリファレンス

::selection エレメント

 ::selection エレメントは、内容を選択すると設定されたスタイルを反映する擬似エレメントです。内容の選択による強調表示を変更するといった使い方ができます。

 テキスト選択をするとデフォルトで強調表示されます。この強調表示をスタイル設定で変更することができます。

::selection例
a::selection{
	background: linear-gradient(transparent 60%, #ff6 60%);
}
動作の確認はExampleを参照してください

ページ内 Index

構文(Syntax)

CSS

HTMLElement::selection {
  style_propaties;
}

DOM ( JavaScript )

 疑似エレメントはDOM ( JavaScript )から操作できません。
 スタイルのみの操作は擬似エレメントを利用したほうが簡易です。

Example

 ::selectionの例です。反映されないパラメーターがあるようです。