備忘録的プログラミングリファレンス

BarProp インターフェイス

 BarProp インターフェイスは、URLの表示、スクロールバー、ユーザーの操作に必要なツールバーへのアクセス方法が定義されたインターフェイスです。 多くの場合ブラウザの上部にある表示されているロケーションバーやメニューバーなどのことです。

 BarProp インターフェイスは、以下のようにブラウザー上のツールバーやスクロールバーへアクセスするためのオブジェクトとしてwindowに設定されています。

プロパティ種類
window.locationbarロケーションバー
window.menubarメニューバー
window.personalbarパーソナルバー
window.scrollbarsスクロールバー
window.statusbarステータスバー
window.toolbarツールバー

 プロパティは読み取り専用の.visibleのみです。webページからブラウザの機能を操作できないようになっているのだと思います。

locationbar.visibleの例
let visible_locationbar = window.locationbar.visible
詳しくはExampleを参照してください

プロパティ(Property)

 用意されているプロパティは以下のみです。webページからブラウザの機能を操作できないようになっているのだと思います。

Property概要
.visibleバーが表示さているか/否かの取得のみ Boolean型

Example

  BarProp インターフェイスのメソッドBarProp.getRandomValues()の使用例です。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。