備忘録的プログラミングリファレンス

GlobalEventHandlersミックスイン

 GlobalEventHandlersミックスインとは、WindowDocument各エレメントに共通のイベントハンドラーが定義されたクラスです。
 イベントハンドラーとは、onイベント名のエレメントの属性です。この属性が設定されることで WindowDocument各エレメントでイベントを捉えたら定義された関数や関数式を実行します。

GlobalEventHandlers継承図
  • Web API
    • └─ GlobalEventHandlers

 GlobalEventHandlersミックスインでオブジェクトは生成できません。

 同様のイベントハンドラーに関するミックスインに WindowEventHandlers ミックスインがあります。

 WorkerGlobalScope も GlobalEventHandlers ミックスインを継承しています。WorkerGlobalScopeを継承するオブジェクトも共通してプロパティ、メソッド、イベントハンドラーが使えます。

プロパティ(Properties)

 定義はありません。

メソッド(Methods)

 定義はありません。

イベント(Event)

 イベントハンドラーは以下のように属性として定義します。addEventListener()メソッドではイベントタイプを指定します。イベントタイプは、ほとんど場合 on~ 部分がない名称です。

in HTML

<tagelement onfocusout="function()">

in JavaScript

object.onfocusout = function(){... };

object.addEventListener("focusout", functon(){...});

 イベントとは、ユーザーの操作や CSS アニメーション、デバイスとの通信などの処理によって発生する割り込み処理のような機能です。
 Web API には、イベントにはイベントタイプとイベントハンドラーがあります。イベントハンドラーはもしイベントが起きたら呼び出す関数や関数式を定義するもので、イベントタイプはそのイベントそのものの呼称です。

 GlobalEventHandlersには以下のイベントタイプ名を定義しています。カッコ内はイベントハンドラー名です。

タイプ名(ハンドラー名)概要分類