備忘録的プログラミングリファレンス

History インターフェイス

window.history

 History インターフェイスは、セッション履歴情報の取得とその履歴情報からページ移動をするなどの操作を行う方法を定義したインターフェイスです。 セッション履歴情報とは、ブラウザに記録さたユーザーのwebページの閲覧記録でのことです。
 web ページの閲覧履歴に関する情報の取得、履歴をたどったページ移動、履歴の追加/更新ができます。

履歴数の取得例
console.log( history.length );
詳しくはExampleを参照してください

 History インターフェイスから生成された history オブジェクトは、Window.history からアクセスできます。 window は省略して上記のように記述することができます。

 履歴を戻るには以下のように記述します。

履歴を戻る
history.back( -1 );

プロパティ(Property)

Property概要
.lengthセッションの履歴数。Integer型で返す
.scrollRestoration履歴の操作でスクロール位置を自動で辿るか/否かを指定。auto / manual を指定
.state最上位にある履歴を返す。popstateイベントの結果を待つ必要がない

メソッド(Methods)

Method摘要
.back()履歴の1つ前のページに移動。history.go(-1) と同じ。移動が完了したかを知るには popstate イベントを利用
.forward()履歴の1つ次のページに移動。history.go(1) と同じ。移動が完了したかを知るには popstate イベントを利用
.go()現在ページから指定された数値分だけ履歴をたどりそのページに移動。移動が完了したかを知るには popstate イベントを利用
.pushState()指定するURLなどを履歴に追加
.replaceState()履歴から指定のものを更新

Example

  History インターフェイスのプロパティ history.length の使用例です。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。