備忘録的プログラミングリファレンス

Performance インターフェイス

 Performance インターフェイスは、web パフォーマンスに関するプロパティとメソッドを定義したインターフェイスです。 主にwebページを構成するコンテンツの読み込み、描写速度を測定する手順を定義しています。
 web パフォーマンス とは、web ページの読み込みや描写の速度に関するパフォーマンスのことです。

 サーバーからのレスポンス速度、ソースの読み込み速度、読み込むソースコートの順番などを測定し、ユーザーにとって快適なパフォーマンスになるよう調整します。

 window.perfomance の window は省略可能です。上記は window.perfomance とも記述できます。

プロパティ(Property)

Property概要
.timeOriginパフォーマンスの開始時刻

メソッド(Methods)

Method摘要
.clearMarks()mark()によって登録されたバッファーを全て削除
.clearMeasures().measure()によって登録されたタイムスタンプを全て削除
.clearResourceTimings()mark()によって登録されたバッファーと.measure()によって登録されたタイムスタンプを全て削除
.getEntries() PerformanceEntry オブジェクトのリストを返す
.getEntriesByName()引数の名称とエントリタイプから PerformanceEntry オブジェクトのリストを返す
.getEntriesByType()mark()によって登録されたバッファー PerformanceEntry オブジェクトのリストを返す
.mark()web パフォーマンスのバッファーに名称を付けて登録する
.measure()web パフォーマンスのタイムスタンプに名称を付けて登録する
.now()経過時間を DOMHighResTimeStamp オブジェクトで返す。単位はミリ秒。詳しくは DOMHighResTimeStamp を参照
.setResourceTimingBufferSize()登録できる web パフォーマンスバッファーの最大値を設定
.toJSON() Performance オブジェクトをJSONデータに変換

イベントハンドラー、イベント

 上記の.setResourceTimingBufferSize()メソッドで設定した最大値に達すると以下のイベントが発生できます。

Method摘要
onresourcetimingbufferfullweb パフォーマンスに使うリソースタイミングバッファーが最大値に達したら発生