備忘録的プログラミングリファレンス

keyCodeプロパティ

このプロパティは廃止されます。keyプロパティを使うことが推奨されています。(ただし環境によっては使用できない場合があります。)

 keyCodeプロパティは、Unicodeのフォントコード(文字コード)を返すKeyboardEventインターフェイスのプロパティです。 このプロパティは、onkeypressonkeydownonkeyupイベントによってキーボードが操作されるとUnicodeのフォントコードを返します。

 Unicode値を文字に変換するにはfromCharCode()メソッドを使用します。

 注意点として、フォントコードとキーコードは違います。Unicodeのフォントコードはそのリファレンスを別のサイトで参照してください。

フォントコード
ASCII文字を表す数値
キーコード
キーボードの実際のキーを表す番号

 FireFoxブラウザではonkeypressイベントでのkeyCodeプロパティは機能しません。whichプロパティを使います。  クロスブラウザにするには、以下のようにwhichとkeyCodeを併用するようにしましょう。

var font_code = event.which || event.keyCode;

「ALT」、「CTRL」、「META」、「SHIFT」キーが押されたかを知るにはaltKey、ctrlKey、metaKey、shiftKeyプロパティを使用します。

構文(Syntax)

返り値はNumber型で、読み取り専用です。

Number = event.keyCode;

返り値(Return Values)

Type摘要
NumberUnicodeのフォントコード