備忘録的プログラミングリファレンス

preventDefault() メソッド

Event.preventDefault()

 preventDefault() メソッドは、フォームの送信、リンクをたどるといったデフォルトの機能をキャンセルする Event インターフェイスのメソッドです。
 ただし、キャンセル可能なデフォルトの機能に関してのみ中止できます。キャンセル可能かを取得するには event.cancelable プロパティを使用します。  

preventDefault() メソッド
document.getElementById("example").addEventListener("click", (event) => {
	console.log( event.preventDefault() );
}, false);
詳しくはExampleを参照してください

 preventDefault() メソッドは、親へのイベントのバブル機能を中止することはできません。イベントのバブリングを中止するには stopPropagation() メソッドを使用します。

 preventDefault() メソッドによって、「送信」ボタンをクリックしてもフォームを送信しない、リンクがURLをたどれないようにすることができます。

ページ内 Index

Syntax

event.preventDefault();

引数(Parameter Values)

 引数はないです。

返り値(Return Values)

 返り値はないです。

Example

リンクを辿れないようにする例

 以下は preventDefault() によってリンクを辿れないようにする例です。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。

送信における preventDefault()

 preventDefault() メソッドによる送信の中止の例です。
 以下の例では、何も入力しなければ送信の実行はキャンセルされます。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。