備忘録的プログラミングリファレンス

removeEventListener()メソッド

EventTarget.removeEventListener()

 removeEventListener()メソッドは、addEventListener()メソッドなどによって設定されたイベントハンドラーを削除するメソッドです。
 addEventListener()メソッドと同じように Event タイプと呼び出す関数名で指定します。 該当するイベントリスナーを削除します。

removeEventListener()メソッド例
function test(){
	alert( this );
}
var elem_ = document.getElementById('example');
elem_.removeEventListener('load', test);
詳しくはExampleを参照してください

 EventTargetインターフェイスを継承するWindow、Document、Element、HTMLタグエレメントなどで使用することができます。

 該当するイベントリスナーがなければ何も起きません。

 もしも既にあるイベントに別の関数を設定したい場合は、removeEventListener()メソッドを使うのではなく、上書きします。

Syntax

in JavaScript

返り値はないです。

EventTarget.removeEventListener(type, callback [, options]);

 EventTargetには、EventTargetを継承するWindow、Document、Element、HTMLタグエレメントなどを設定することができます。

引数(Parameter Values)

Value摘要
type Event タイプ
callbackイベントによって呼び出す関数。function関数またはアロー関数
options省略可。capture。

返り値(Return Values)

なし

Example