備忘録的プログラミングリファレンス

setTimeout() メソッド

 setTimeout() メソッドは、設定されたミリ秒後に指定されたコールバック関数を呼び出す、または数式を実行する Window オブジェクトのメソッドです。

 クリアするためには clearTimeout() メソッドを使います。

 似たメソッドに setInterval() があります。setInterval() は一定時間ごとに指定された関数や数式を実行します。

setTimeout() メソッド
id = setTimeout( get_example, 1000 );
詳しくは Example を参照してください

 setTimeout() メソッドは一定時間後にサーバーにリクエスを送ることに利用することができます。 詳しくはsetTimeout() メソッドによるリクエストを参照してください。

ページ内 Index

setTimeout() メソッドによるリクエスト

 setTimeout() メソッドは、一定期間後に指定されたコールバック関数や数式を実行します。
 このメソッドは、ユーザーの操作によって一定時間後にページを更新する自動によるページ遷移に待ち時間を設ける何らかの処理の間に待ち時間を設けるといった使い方が考えられます。

 チャットやブラウザゲームのように web ページが常に変化する場合には、一定時間ごとに関数や数式を実行する setInterval() メソッドの方が有用でしょう。

Syntax

 返り値は設定されたtimeoutのIDです。

ID = setTimeout(function, delay, param1, param2, ...)

引数(Parameter Values)

Parameter摘要
function実行する関数
delayOptionalfunction を実行するまでの設定時間。ミリ秒単位(1/1000秒)。省略時は0です。
param1, param2, ...Optional関数に渡す引数

返り値(Return Values)

Type摘要
IDtimeout() のID

Example

 setTimeout() メソッドの例です。以下の確認ボタンをクリックすると 1000 ミリ秒後にコールバック関数を実行します。
 コールバック関数が実行されたら、以下のsetTimeout() の ID : に setTimeout() 返り値が表示されます。