備忘録的プログラミングリファレンス

<figure>エレメント、<figcaption>エレメント

 <figure>エレメントは、補足説明や解説になる自己完結型コンテンツを囲むためのエレメントです。 これは必ずしも必要ではなく、もし無いとしても本文が通じるような補足的な自己完結型コンテンツに用います。

実例としては以下が上げられている。

  • annotate illustrations(注釈のイラスト)
  • diagrams(図)
  • photos(写真)
  • code listings(コードリスト)

<figure>エレメントに必要があれば<figcaption>エレメントを加えることができます。

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。

内部コンテンツ(innerHTML)

動作の確認

無料イラスト素材集『Frame illust』から借用しました。