Please JavaScript on
備忘録的プログラミングリファレンス

ul タグエレメント

 ul タグエレメントはリスト表示ができるタグエレメントです。<li> と使います。
 他に番号が付く<ol>エレメント用語定義型のリストと呼ばれる<dl>があります。

ul タグエレメント
<ul>
	<li>ミカン</li>
	<li>リンゴ</li>
	<li>バナナ</li>
</ul>
詳しくは動作の確認を参照してください

 リストには1行ずつに左にマーカーが付きます。このマーカーはスタイルシートの list-style プロパティで変更することができます。

マーカーを非表示
	ul {
		list-style-type: none;
	}

 <ul>は、スタイルシートとの組み合わせで、サイトのカテゴリー用のナビゲーションメニューに利用されています。

<ul> エレメント

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。
リストの各項目の前に付くマークタイプ

 その他の属性に関してはHTMLLIElementを参照してください

 属性は以下のExampleに反映されます。

動作の確認

 以下に1行ごとのリストを編集してください。HTML作成ボタンをクリックするとHTMLテキストが作成されます。

 一行ごとに「li」要素を作成します。


JavaScript

 ul タグエレメントの定義は HTMLUListElement インターフェイスを参照してください。

関連情報

リストを作成できるタグには、用語定義型のリストと呼ばれる<dl>もあります。

ULタグエレメントを使ってwebページのナビメニューが作成できます。