備忘録的プログラミングリファレンス

正規表現

 JavaScriptにおける正規表現とは、複数の文字列を1つの文字列として表現する正規表現を用いて文字列のパターンマッチングを行う機能のことです。多くのプログラミング言語やアプリケーションと同じように、文字列のパターンマッチングを正規表現といっています。

JavaScriptにおける正規表現の構文

 JavaScriptでの正規表現の構文には、”/”(スラッシュ)で囲んだ正規表現リテラルとRegExpオブジェクトを使う方法があります。

正規表現リテラル

 正規表現リテラルを”/”(スラッシュ)で囲んだパターンで作成する方法です。パターンが変化しない場合は向いています。

var _text = "abcdefghijk";
var re = /abc/;
console.log( re.test(_text) );

RegExpオブジェクト

 RegExpオブジェクトを利用する方法です。ユーザーによる入力がある、パターンが変化する場合はRegExpオブジェクトを利用します。

var _text = "abcdefghijk";
var re = new RegExp('abc','ig');
console.log( re.test(_text) );

基本的な正規表現一覧

 以下は基本的な正規表現です。詳しくは、正規表現を参照してください。

正規表現概略
.任意の1文字a.cabc afc aあc
*直前の文字が0回以上繰り返し、最長一致ab*cac abbbbbbc
+直前の文字が1回以上繰り返し、最長一致ab+cabc abbbbbbc
?直前の文字が0か1回、最長一致ab?cac abc
^行の先頭から比較^abcabc
$行の末尾から比較xyz$xyz
|OR条件abc|defabc def
( )キャプチャーグループa(bc|de)abc ade
[][]括弧内のいずれかの文字[abc] [a-c]a, b, c
[^]否定条件 括弧内の文字以外[^abc] [^a-c]a, b, c以外
{n}直前の文字数を指定a{3}aaa
\直後の文字をエスケープab\+cdab+cd