備忘録的プログラミングリファレンス

PostgreSQLの操作( postmaster と psql )

 PostgreSQL の特徴的なのは postmaster と psql です。PostgreSQL における postmaster はデータベースへの接続と入出力を担います。psql は PostgreSQL データベースとのインターフェイスです。

 PostgreSQL データベースの入出力は postmaster が担いマルチユーザーでの接続が可能です。postmaster が OS上で フォアグランド、バックグランドで稼働して、PostgreSQL への入出力を行います。 自動で入出力が行われるために postmaster の働きを意識することはないです。
 データベース接続のある API の開発やエラーを修正する際に思い出すことがあるかと思います。

 psql は、PostgreSQL のインターフェイスで、psql コマンドでデータベースの操作ができます。データベースの接続時は postmaster、コマンド操作は psql が担います。

psql ログイン

 psqlコマンドでPostgreSQLのコマンドラインインターフェイスにログインできます。

$ psql
psql (10.12 (Ubuntu 10.12-0ubuntu0.18.04.1))
Type "help" for help.
...

 このコマンドラインインターフェイスはPostgreSQL対話型ターミナルとも呼ばれています。使い方はhelpコマンドでhelpを参照して下さい。

database_name=> help
You are using psql, the command-line interface to PostgreSQL.
Type:  \copyright for distribution terms
       \h for help with SQL commands
       \? for help with psql commands
       \g or terminate with semicolon to execute query
       \q to quit

*psqlはPostgreSQLのコマンドラインインターフェイスと表記されているので、このサイトではpsqlはPostgreSQLのコマンドラインインターフェイスと呼ぶようにしています。

 ログインできるのはロールで管理されているユーザーやグループです。操作対象となるデータベースも指定する必要があります。

 UbuntuにおけるPostgreSQLの初期スーパーユーザーは「postgres」です。データベースを指定しなければ、ユーザー名のデータベースに接続します。

 「postgres」ユーザーによるログインは「初期状態での「postgres」ユーザーによるログイン」を参照して下さい。

psql ログアウト

 psql からログアウトする場合は以下のコマンドです。

psqlからのログアウト
=# \q