備忘録的プログラミングリファレンス

::after エレメント

 ::after エレメントは、指定されたエレメントの直後に content プロパティで設定したエレメントが追加表示できる擬似エレメントです。

 ::after エレメント内に、contentプロパティ以外のスタイルプロパティも設定できます。

::after クラス
p::after{
	content: " < ニャー >";
	background-color: yellow;
}
詳しくは Example を参照してください

 対になる疑似エレメントに::beforeエレメントがあります。 ::beforeエレメントは指定されたエレメントの直前に追加表示します。

ページ内 Index

構文(Syntax)

CSS

HTMLElement::after {
  style_propaties;
}

DOM ( JavaScript )

 疑似エレメントはDOM ( JavaScript )から操作できません。
 擬似エレメントを利用したほうが簡易です。

Example

 ::afterの例です。

 対になる疑似エレメントの::beforeエレメントも使っています。