備忘録的プログラミングリファレンス

break-afterプロパティ

 break-afterプロパティは、エレメント(要素)の後に改ページ、カラム(列)区切り、または領域の分割といった"区切り"を指定するプロパティです。ただし、ブロックエレメントのみに反映できます。

break-afterプロパティによってページ、列、または領域を分割できることで、エレメント領域が2つのページにまたがったりしないようにできます。

break-afterプロパティは、page-break-afterプロパティの拡張です。

 印刷用のプロパティに使えます。

構文(Syntax)

CSS

break-after: auto | all | always | avoid | avoid-column | avoid-page | avoid-region | column | left | page | recto | region | right | verso | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.breakAfter;
値の設定
object.style.breakAfter="auto | all | always | avoid | avoid-column | avoid-page | avoid-region | column | left | page | recto | region | right | verso | initial | inherit";

Values

Value摘要
auto初期値(default値) 改ページ、カラム(列)区切り、領域の分割の自動設定
all常に区切りあり
always強制的な改ページ
avoid区切りの挿入を禁止
改ページ
avoid-page改ページを禁止
left改ページを行い、次のページを左ページにする
page改ページを行う
recto改ページを行い、次のページを奇数ページにする
right改ページを行い、次のページを右ページにする
verso改ページを行い、次のページを偶数ページにする
カラム(列)区切り
avoid-columnカラム(列)区切りの禁止
columnカラム(列)区切り
領域の分割
avoid-region領域の分割の禁止
region領域の分割
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)auto
継承(Inherited)No
変化(Animatable)No

Example