備忘録的プログラミングリファレンス

clipプロパティ

 clipプロパティは、画像の大きさを指定するプロパティです。clipプロパティは、エレメントが絶対位置position:absolute;でなければなりません。大きさとしてはrect (top, right, bottom, left)というように領域で設定します。

 エレメントがoverflow:visible;ではこのclipプロパティは機能しません。

 *clipプロパティは非推奨で、将来的にはclip-pathプロパティに置き換えられます。

構文(Syntax)

CSS

clip: auto | rect(top,right,bottom,left) | initial | inherit ;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.clip;
値の設定
object.style.clip=" auto | rect(top,right,bottom,left) | initial | inherit ";

Values

Value摘要
auto初期値(default値)、元の大きさで表示
rect(top,right,bottom,left)範囲を数値で設定
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)auto
継承(Inherited)no
変化(Animatable)yes