備忘録的プログラミングリファレンス

hyphensプロパティ

 hyphensプロパティは、単語が領域に収まらない場合にそのまま表示するか、ハイフンを入れて改行するかを指定するプロパティです。

 hyphensプロパティが機能するかはブラウザと設定言語(lang=...)によります。 日本語設定では機能しませんので使う機会は少ないでしょう。 lang="en"と設定する方法もありますが、根本的な言語設定が変わってしまいますので、やはり使う機会は限られるでしょう。

領域に収まらない単語を自動でハイフンを付けて改行(Exampleを参照)
hyphens: auto;

 ハイフンを付ける必要がある場合は、HTMLテキストに直接特殊文字­を編集します。

構文(Syntax)

CSS

hyphens: manual | none | auto | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.hyphens;
値の設定
object.style.hyphens="manual | none | auto | initial | inherit";

設定値(Values)

Value摘要
manual初期値(default値)、単語が収まらない場合の改行位置とハイフンを予め指定
noneもし単語が収まらない場合は単語が領域から出る
auto単語が収まらない場合は自動で改行しハイフンが入る
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)manual
継承(Inherited)Yes
CSS AnimationNo

Example

 hyphensプロパティは言語設定(lang=...)とブラウザによります。

 ハイフンを付けて表示したい場合は、HTMLテキストに直接特殊文字­を付加する方法があります。