備忘録的プログラミングリファレンス

:nth-last-child() クラス

 :nth-last-child() クラスは、カッコ内で指定された番号、キーワード、式を後ろから数えて該当する子エレメントにスタイルを反映する擬似クラスです。 :nth-child() クラスとの違いは後ろから数えた番号になります。

 div :nth-child(){...}とした場合は、 何のエレメントかは関係なく、divエレメントの子エレメントで後ろから数えて該当する順番のエレメントが対象になります。

 詳しくは以降のExampleを参照してください。

 似た疑似エレメントに:nth-last-of-type()があります。 :nth-last-of-type()の場合は、複数の同じエレメンの中で後ろから数えて何番目かになります。

引数による効果

番号を指定

 以下の例は後ろから数えて2番めの背景色を指定しています。

:nth-last-child()

キーワードによる指定

 キーワード指定には以下のような奇数番号、偶数番号指定があります。リストの背景色を互い違いに表示することができます。

  • odd... 奇数番号
  • even... 偶数番号
:nth-last-child()におけるキーワード例

式による指定

 式はAn+Bが設定されています。Anによって何番飛びかを指定します。
 3nでは3番毎にという意味です。
 BはAnを基準にそこから何番目かを指定します。ただし、Bがある場合はn=0番目から数えます。

:nth-last-child()における式の例

構文(Syntax)

CSS

HTMLElement:nth-last-child() {
  style_propat: value;
	...
}

DOM ( JavaScript )

 疑似クラスはDOM ( JavaScript )から操作できません。

 スタイルのみの操作は擬似クラスを利用したほうが簡易です。

in HTML


in JavaScript


Example

 :nth-last-child()の例です。divの後ろから数えて偶数個目の子エレメントが対象になります。