備忘録的プログラミングリファレンス

transition-delayプロパティ

 transition-delayプロパティは、CSS Animationにおいてアニメーションを開始するまでの時間を指定するプロパティです。 値は秒(s)またはミリ秒(ms)で指定します。
 エレメントに動きを与えますが、CSS Animationが機能するCSSプロパティのみです。
 CSSのプロパティをtransition-propertyで指定することで動きを与えます。

transition-delayプロパティの例
transition-delay: 1s;

関連プロパティ

 以下の関連するプロパティがあります。 transition-propertyでアニメーション効果を与えるCSSプロパティを指定します。 transition-*プロパティを使ったCSSアニメーションでは以下のプロパティを使った方がよいでしょう。

transition以下のプロパティを一括指定
transition-property動きを与えるCSSプロパティを指定
transition-durationCSSアニメーションの動作にかかる時間
transition-timing-functionCSSアニメーションの動き方

 似たプロパティでanimationプロパティを使う方法があります。

構文(Syntax)

CSS

transition-delay: time | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.transitionDelay;
値の設定
object.style.transitionDelay="time | initial | inherit";

値(Values)

Value摘要
0s初期値(default値)
time秒(s)またはミリ秒(ms)
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)0s
継承(Inherited)No
CSS AnimationNo

Example

 transition-delayの例です。 transition-propertyで指定されたCSSプロパティがCSSアニメーションの対象です。ここでは、back-shadowプロパティです。

 マウスをエレメントに乗せてから1秒後にCSSアニメーションが始まります。 さらに、マウスをエレメントから離すと1秒後に戻るアニメーションが始まります。

 transition-delayでCSSアニメーションの開始までの時間を指定します。

 transitionプロパティで一括指定する方法もあります。