備忘録的プログラミングリファレンス

HTMLTextAreaElement インターフェイス

 HTMLTextAreaElement インターフェイスは、<form> の文章の入力部品である <textarea> エレメントを定義したインターフェイスです。
 HTMLTextAreaElement インターフェイスは、プロパティメソッドイベントを定義しています。

 <textarea> エレメントのみを利用してテキストの編集を行うこともできます。ただし、記録をするにはストレージを利用するか、サーバーで記録しなければなりません。

HTMLTextAreaElement 継承図

プロパティ(Properties)

 HTMLTextAreaElement インターフェイスは 以下の独自のプロパティをもちます。HTMLElement インターフェイス のプロパティも継承しています。

プロパティ概要分類
.autocapitalize入力されたテキストを大文字化するかの設定
.autocomplete入力候補を出力するか/否か。 DOMString 型
.autofocus <textarea> の autofocus 属性で web ページの読み込み時にフォーカスをあてるか/否か。Boolean 型
.cols <textarea> の cols 属性で入力領域の幅の取得と設定
.defaultValue <textarea> のデフォルトの値
.disabled入力データを送らないか/否か。 true では入力された値は送信されない。Boolean 型
.form関連する <form> エレメントを返す
.typetextarea というタイプ名を返す。DOMString 型
.value <textarea> 内の現在の値を返す。DOMString 型
.textLength .value 値の長さを返す。.value.length に同じ。unsigned long 型
.placeholder入力例などに用いる。 <textarea> の placeholder 属性が該当。DOMString 型
.rows <textarea> の rows 属性で入力領域の高さの取得と設定
.name name 属性が該当。DOMString 型
.labels関連する <label> エレメントを返す
.maxLength入力可能な最大文字数。long 型
.minLength最小文字数。long 型
.readOnly入力値の編集を不可にする。readonly 属性が該当。 Boolean 型
.required値の入力が必須。required 属性が該当。 Boolean 型
.selectionStart編集中の入力テキストにおいて、選択中の開始位置またはカーソル位置。setSelectionRange()と併せて使用。long 型
.selectionEnd編集中の入力テキストにおいて、選択中の終端位置またはカーソル位置。setSelectionRange()と併せて使用。long 型
.selectionDirection編集中の入力テキストのにおいて、選択方向。 DOMString 型
.validity入力値が制約内であるかの検証結果を表す ValidityState オブジェクトを返す
.willValidate入力値が制約内であるかを検証する対象であるか/否か。 Boolean 型
.validationMessage入力値が制約内ではない場合のメッセージ。 DOMString 型
.inputMode入力モードの指定。
.wrap入力テキストの折返しの設定。。wrap 属性が該当。

 以下は、HTMLElement インターフェイスのプロパティと継承したプロパティです。参考にしてください。

Nodeのプロパティ一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

Elementのプロパティ一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

HTMLElementのプロパティ一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

メソッド(Methods)

 HTMLTextAreaElement インターフェイスは 以下の独自のメソッドがあります。さらに継承したメソッドがあります。

メソッド概要分類
.blur()フォーカスを外す。 .focus() の対
.focus()フォーカスを当てる。.blur() の対
.select()入力テキスト全てを選択する
.setRangeText()選択範囲の置換を実行。.selectionStart と .selectionEnd で範囲指定ができる
.setSelectionRange()入力テキストの範囲選択を行う。.selectionStart と .selectionEnd で範囲指定ができる
.checkValidity()入力値が制約内であるかを検証する。 Boolean 型
.reportValidity()入力値が制約内であるかを検証しメッセージを出力する。 Boolean 型
.setCustomValidity()入力値が制約外であるエラーを発生させることができる。引数にエラーメッセージを指定し実行するとエラーが発生する

 HTMLTextAreaElement インターフェイスが継承したHTMLElement インターフェイスのメソッドです。 NodeElement インターフェイスのメソッドを含みます。使えないものもあるので参考してください。

Nodeのメソッド一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

Elementのメソッド一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

HTMLElementのメソッド一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

イベント(Event)

 HTMLTextAreaElement にイベントハンドラーを定義する方法には以下があります。

HTMLTextAreaElement.addEventListener( 'click', ()=>{...} )
HTMLTextAreaElement.onclick = function(){...}
<button onclick = "..." >

 イベントについてはEventを参照してください。 イベントの監視についてはEventTargetが担っています。

 以下は、HTMLTextAreaElement が継承しているイベント一覧です。使えないものもあるので参考にしてください。

GlobalEventHandlersのイベント一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

DocumentAndElementEventHandlersのイベント一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

HTMLElementのイベント一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類