備忘録的プログラミングリファレンス

EventTargetインターフェイス

 EventTargetインターフェイスは、ユーザーの操作やwebページの変化を監視し割り込み処理に導く手段を定義したインターフェイスです。

 このインターフェイスは、Element、Document、Windowオブジェクトに設定できるon..属性をサポートするものです。
 on..属性はイベントハンドラーと呼ばれます。 イベントハンドラーを指定することでEventTarget オブジェクトはユーザーの操作やwebページの変化を監視し、on..属性に指定された動きがあれば開発者が定義したその関数や式を実行します。

 以下の<p>エレメントの例においてはonclick属性がEventハンドラーと呼ばれます。<p>エレメントがクリックされると定義された関数や式を実行します。

<p(Element) class="example_p"(Attr) onclick="func_Example()"(Event) style="border:1px solid silver;"(CSS,Style)>

コンストラクタ(Constructor)

コンストラクタ(Constructor)摘要
EventTarget()EventTargetインスタンスを生成

メソッド(Methods)

メソッド(Method)概要
.addEventListener()イベントハンドラー(onイベント名の属性)を設定。引数はEventと関数や関数式
.removeEventListener()イベントハンドラーの削除
.dispatchEvent()イベントを任意に実行