備忘録的プログラミングリファレンス

Locationインターフェイス

Window.location
Document.location

 Location インターフェイスは、 URL の取得とページの更新、移動に関するインターフェイスです。

 プロパティから、URL全体、ドメイン名のみ、ポート番号、ホスト名など詳細なデータを取得できます。 メソッドに関しては、ページの移動やリロードなどができます。

ページの再読み込み
parent.document.location.reload();
詳しくはExampleを参照しください

 オブジェクトのURLに関する情報は、Window.location、document.location, getElementsByTagName('a')[0].locationなどによって取得と操作ができます。

 window.location の window は省略可能です。上記は window.location.reload(); とも記述できます。

プロパティ(Properties)

プロパティ名説明
href現在のURLの情報を取得。値を変更するとそのURL先に移動します。
protocol末尾の':'を含んだプロトコルを取得。
hostホスト名の取得
hostnameドメイン名の取得
portポート番号の取得
pathname'/'まで含めたパス名の取得
search'?'以降の文字列の取得。'?'を含むパラメーターやクエリー文字列の情報の取得ができます。
hash'#'以降の情報の取得
usernameユーザー名の取得(削除予定のプロパティです)
passwordパスワードの取得(削除予定のプロパティです)
originlocationの標準のオリジンを取得

メソッド(Methods)

メソッド名説明
assign()引数に指定したURLへ移動。Historyに記録されて、戻ることができる。戻れないようにするには、replace()メソッドを使う。
reload(true/false)現在のURLの再読込を実行。引数を指定しないまたはfalseでキャッシュから読み込み。trueでサーバーから読み込み。
replace()引数に指定したURLへ移動。このメソッドを利用するとHistoryに記録されないために戻ることができない。戻るようにするには、assign() メソッドを使う
toString()URL全体の情報を取得。値の変更にはHTMLHyperlinkElementUtils.hrefを使います。

Example

  Location インターフェイスのメソッド parent.document.location.reload(); の使用例です。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。