備忘録的プログラミングリファレンス

StorageEventインターフェイス

 StorageEventインターフェイスは、ストレージに変更があると発生するイベントに関するインターフェイスです。
 ストレージとはクッキーよりも直感的にキーと値のペアを保存する仕組みです。ひとつのキーと値の組み合わせをitemと呼びます。
 ストレージはWeb Storageとも呼ばれ、クッキーのようにブラウザに記録されるデータです。 記録をブラウザに残すことができるために、作業の途中を記録したり、ユーザー認証に使われたりします。

 Eventインターフェイスを継承していますので、EventインターフェイスのPropertyとMethod、Eventタイプが使えます。

StorageEvent継承図
  • Event
    • └── StorageEvent

Properties

Example Syntax

var bubbles_value = StorageEvent.bubbles;
Property
key window strageのitremのキーをStringで返します。
newValue window strageのitemの新しい値を返します。
oldValue window strageのitemの更新前の値を返します。
storageArea 変更があったwindow strageのitemをStrageオブジェクトで返します。
url 変更があったwindow strageのitemのドキュメントを返します。

StorageEvent Types

 StorageEventタイプはエレメントに設定してwebページで起こるイベントを捉えます。

Example Syntax

object.onabort = function(){script_or_function};
StorageEvent type
storage