備忘録的プログラミングリファレンス

:defined クラス

 :defined クラスは、定義済みのエレメントにスタイルを反映する擬似クラスです。
 表示されているエレメントは定義済みのエレメントといえます。

:defined例
:defined{
	border: 1px solid red;
}
動作の確認はExampleを参照してください

 定義済みではないエレメントは、Document.createElement() メソッドのように新規作成されたエレメントのことです。
 新規作成されたエレメントは Element.append() や define() メソッドによって定義済みになります。

ページ内 Index

構文(Syntax)

CSS

HTMLElement:defined {
  style_propaty: value;
	...
}

DOM ( JavaScript )

 疑似クラスはDOM ( JavaScript )から操作できません。
 スタイルのみの操作は擬似クラスを利用したほうが簡易です。

Example

 :definedの例です。

 定義済みエレメントは赤い枠線で示します。表示されているエレメントはすべて定義済みであることが分かります。