備忘録的プログラミングリファレンス

direction プロパティ

 direction プロパティは、言語に合わせたテキストの右寄せ、左寄せを指定するプロパティです。デフォルトの言語が左から読む言語の場合において、右から読む言語に表示を変えることができます。その反対の場合も設定できます。
 direction プロパティが機能するにはエレメントがブロックレベルである必要があります。

 複数の言語に対応した unicode-bidi プロパティと併せて使います。単純に右寄せや左寄せするのではなく、テキストの表示方向も変化するので direction プロパティだけ使うと句読点が間違った表示になることに注意が必要です。

右よせで Unicode に設定された表記方向で表示
direction: rtl;
unicode-bidi: bidi-override;
詳しくは Example を参照してください

 日本語の横書きではデフォルトで左から読みますのでほぼ direction プロパティの設定は必要がありません。アラビア語を表示したい場合や日本語の旧字での表示には便利な機能です。

ページ内 Index

構文(Syntax)

CSS

direction: ltr | rtl | initial | inherit ;

DOM ( JavaScript )

値の取得
String = object.style.direction;
値の設定
object.style.direction=" ltr | rtl | initial | inherit ";

値(Values)

Value摘要
ltr初期値(default値)、左寄せ
rtl右寄せ
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)ltr
継承(Inherited)Yes
CSS AnimationNo

Example