備忘録的プログラミングリファレンス

writing-mode プロパティ

 writing-mode プロパティは、テキストの記述方向を指定するプロパティです。 言語による記述方向を基準に、「横書き」、「縦書きで左から」、「縦書きで右から」が指定できます。
 文章全体の記述方向を定義するには<html>エレメントにwriting-mode プロパティを設定します。

縦書きで右からの記述で表示
-webkit-writing-mode: vertical-rl;

writing-mode: vertical-rl;
詳しくは「Example」を参照してください

 英数字も縦書きにするにはtext-orientationプロパティを使います。

 writing-mode での表示幅と高さは、block-sizeinline-size プロパティが有用です。

ページ内 Index

構文(Syntax)

CSS

writing-mode: horizontal-tb | vertical-rl | vertical-lr;

DOM ( JavaScript )

値の取得
String = object.style.writingMode;
値の設定
object.style.writingMode="horizontal-tb | vertical-rl | vertical-lr";

値(Values)

Value摘要
horizontal-tb初期値(default値)、横書きで表示。言語によって自動で記述方向は変わる
vertical-rl縦書きで右からの記述
vertical-lr縦書きで左からの記述
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)horizontal-tb
継承(Inherited)Yes
CSS AnimationNo

Example

 writing-mode の例です。 vertical-rl値で右から縦書きで表示します。ベンダープリフィックスを付加してあります。

 英数字も縦書きにするには text-orientation プロパティを使います。

 writing-mode での表示幅と高さは、block-sizeinline-size プロパティが有用です。