備忘録的プログラミングリファレンス

grid-columnプロパティ

 grid-columnプロパティは、display:grid;によるエレメント(グリッドコンテナ)の子エレメント(グリッドアイテム)の列方向の表示位置とサイズを指定することができます。grid-columnプロパティはグリッドアイテムに指定します。

 grid-columnプロパティによって以下のプロパティを一括して指定できます。

左から2番めで列方向に3連結(Exampleを参照
grid-column: 2/span 3;

関連するプロパティ

 以下は関連するプロパティです。

display:grid;並びを設定することができるdisplayプロパティ
grid-areaグリッドアイテムに名称を指定
grid-auto-columnsグリッドアイテムの幅
grid-auto-flowグリッドコンテナの領域を自動的に拡張
grid-auto-rows全てのグリッドアイテムの高さ
grid-column-end列単位の位置や連結数
grid-column-gap列同士のギャップ幅
grid-column-start列単位(横)の位置や連結数
grid-gapグリッドアイテムどうしのギャップのサイズ
grid-row行単位の位置と連結数
grid-row-end行単位の位置や連結数
grid-row-gap行同士のギャップ幅
grid-row-start行単位の位置や連結
grid-templateグリッドアイテムの並び数やサイズ
grid-template-areasグリッドアイテムの配置や連結
grid-template-columnsグリッドアイテムの列の並び数、幅
grid-template-rowsグリッドアイテムの行の並び数と高さ

構文(Syntax)

CSS

grid-column: grid-area-names | [ grid-column-start / grid-column-end ];

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.gridColumn;
値の設定
object.style.gridColumn=" grid-area-names | [ grid-column-start / grid-column-end ]";

値(Values)

Value摘要
grid-area-names領域名を定義
grid-column-start列(横)方向の表示位置か、列(横)方向への連結数
grid-column-end列(横)方向の指定位置の1つ前に表示するか、列(横)方向への連結数

備考(Remarks)

初期値(Default value)auto auto
継承(Inherited)No
CSS AnimationYes

Example

 grid-columnの例です。親エレメントのdisplay:grid;やdisplay-*プロパティによって9つに分割した領域で、contents00のgrid-column:2;によって、contents00がcontents01の次に移動しています。

 さらにspan2値によって領域が2つ分確保されていますので、その分がズレています。

 最下端部分の3つのアイテムグリッドのHTMLテキストを作成していないために表示されません。