備忘録的プログラミングリファレンス

HTMLTableElement インターフェイス

 HTMLTableElement インターフェイスは、表を作成するための <table> エレメントを定義したインターフェイスです。
 HTMLTableElement インターフェイスは、プロパティメソッドイベントを定義しています。

  <table> エレメントは、表示としては枠になり、子エレメントと併せて表として表示されます。

HTMLTableElement 継承図

プロパティ(Properties)

 HTMLTableElement インターフェイスは 以下の独自のプロパティをもちます。

プロパティ概要分類
.caption関連する <caption> エレメントを返す。複数ある場合は最初の <caption> エレメントを返す
.rows <tr> エレメントのリストを HTMLCollection で返す。
.tBodies <tbody> のリストを HTMLCollection で返す
.tFoot <tfoot> を返す。複数ある場合は最初の <tfoot> エレメントを返す
.tHead <thead> を返す。複数ある場合は最初の <thead> エレメントを返す

 以下は、HTMLElement インターフェイスのプロパティと継承したプロパティです。参考にしてください。

Nodeのプロパティ一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

Elementのプロパティ一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

HTMLElementのプロパティ一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

メソッド(Methods)

 HTMLTableElement インターフェイスは 以下の独自のメソッドがあります。さらに継承したメソッドがあります。

メソッド概要分類
.createCaption() <caption> エレメントを関連する子エレメントとして作成
.createTBody() <tbody> エレメントを関連する子エレメントとして作成
.createTFoot() <tfoot> エレメントを関連する子エレメントとして作成
.createTHead() <thead> エレメントを関連する子エレメントとして作成
.deleteCaption()引数で指定された <caption> エレメントを削除する
.deleteRow()引数で指定された <tr> エレメントを削除する
.deleteTBody()引数で指定された <tbodyn> エレメントを削除する
.deleteTFoot()引数で指定された <tfoot> エレメントを削除する
.deleteTHead()引数で指定された <thead> エレメントを削除する
.insertRow()引数で指定された <tr> エレメントの前に、新たな <tr> エレメントを追加する

 HTMLTableElement インターフェイスが継承したHTMLElement インターフェイスのメソッドです。 NodeElement インターフェイスのメソッドを含みます。使えないものもあるので参考してください。

Nodeのメソッド一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

Elementのメソッド一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

HTMLElementのメソッド一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

イベント(Event)

 HTMLTableElement にイベントハンドラーを定義する方法には以下があります。

HTMLTableElement.addEventListener( 'click', ()=>{...} )
HTMLTableElement.onclick = function(){...}
<button onclick = "..." >

 イベントについてはEventを参照してください。 イベントの監視についてはEventTargetが担っています。

 以下は、HTMLTableElement が継承しているイベント一覧です。使えないものもあるので参考にしてください。

GlobalEventHandlersのイベント一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

DocumentAndElementEventHandlersのイベント一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類

HTMLElementのイベント一覧 

タイプ名(ハンドラー名)概要分類