備忘録的プログラミングリファレンス

pagehide(onpagehide)イベント

 pagehide(onpagehide)イベントは、Webページを移動するやブラウザを閉じるなどWebページが遷移すると発生するイベントです。pagehideイベントはページをキャッシュします。

ページが遷移させる方法には、例えば、リンクをクリックする、ページを更新する、フォームを送信する、ブラウザウィンドウを閉じるなどがあります。

 pagehideイベントはpageshowイベントの対です。

 似たイベントにonunloadイベントがあります。pagehideイベントはページをキャッシュします。onunloadイベントはページをキャッシュしません。

 ページがキャッシュか/否かは、PageTransitionEventオブジェクトのpersistedプロパティで確認できます。persistedプロパティはキャッシュの有無をBool値で返します。キャッシュされている場合はtrue。キャッシュではない場合はfalseを返します。

Syntax

in HTML

<tagelement onpagehide="function()">

in JavaScript

object.onpagehide = function(){ }; object.addEventListener("pagehide", script_);

備考(Remarks)

BubblesNo
CancelableNo
InterfacePageTransitionEvent
Supported HTML Elements<body>

Example

 反応はあるのですが、ページ自体がキャッシュのためか上手く動きません。参考程度にしてください。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。