備忘録的プログラミングリファレンス

persisted プロパティ

 persisted プロパティは、webページをキャッシュから読み込んだか、直接読み込んだかを返す PageTransitionEvent のプロパティです。 返り値はブール値です。

*ブラウザによって正常に機能しない場合があります。

persisted プロパティ
window.onpageshow = (event)=>{
	console.log( event.persisted );
}
詳しくはExampleを参照してください

 persisted プロパティはwebページの遷移に関する onpageshow または onpagehide イベントに併せて使用するプロパティです。 このイベントは Window に設定するように仕様ではなっていま。body エレメントでも動作します。
  persisted プロパティは、onpageshowonpagehide イベントハンドラーで呼び出しによって取得できる Event オブジェクトから取得します。

*ブラウザによって onpageshow または onpagehide イベントが機能しない場合があります。

ページ内 Index

構文(Syntax)

返り値はBoolean型で、読み取り専用です。

Boolean = event.persisted;

返り値(Return Values)

TypeValue摘要
Booleantrueキャッシュからwebページを読み込んだ
false直接webページを読み込んだ

Example

 persisted プロパティの例です。キャッシュから web ページが読み込まれたら true、直接読み込まれたら false を返します。
 以下の例で正常に機能しないブラウザがあります。ご使用のブラウザで機能するかの確認として実行してみてください。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。