備忘録的プログラミングリファレンス

<option>エレメント

 <option>エレメントは、<select>エレメント<datalist>エレメントのための選択一覧を定義するためのエレメントです。

<option>エレメント
<option value="mikan" selected>ミカン</option>
<option value="apple">リンゴ</option>
<option value="banana">バナナ</option>
詳しくは動作の確認を参照してください。

 このエレメントにサーバーに送信する値を示す value 属性が必要です。

 <option>エレメントをグループ化するには、<optgroup>エレメントを使います。

JavaScript

 <option> エレメントは、HTMLOptionElement インターフェイスに定義されています。 詳しくは、HTMLOptionElement を参照してください。
 <option> のリストに関しては HTMLOptionsCollection を参照してください。

 <select> の定義は、HTMLSelectElement を参照してください。

 <optgroup> の定義についは、HTMLOptGroupElement を参照してください。

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。
value定義する値。(以下のvalueの編集を参照)
disabled一覧には表示されるが選択できない。
label短縮した名称。*FireFoxでは使えません。
selected選択された状態にする。(以下のValuesの編集を参照)

valueの編集

 <option>リストを作成します。valueの値とその選択肢名を、value=項目名で入力し、1項目1行で区切ってください。自動で分けます。(*1行目をデフォルト選択とします。)

動作の確認