備忘録的プログラミングリファレンス

<pre> エレメント

ブロックエレメント

 <pre> エレメントは、プログラムコード例を表示するエレメントです。
 ブロックエレメントで、段落として表示します。文中にプログラムコードを挿入するには 、<code> を使います。
 preは、preformatted text(整形済みテキスト)の略で、ソース中のスペースや改行をそのまま表示します。 ただし、< や > や & はタグとして認識されるので、&lt; や &gt; や &amp;で記述します。

例:<pre> エレメント
<pre>
	var elem_example = document.getElementById('example');
	alert(elem_example);
</pre>

詳しくは動作の確認を参照してください

数式やプログラムコードのエレメント

 数式やプログラムコードに関連するエレメントは以下があります。

エレメント名概要
プログラム
codeプログラムコード例などに、インラインエレメント
kbdキーボード入力例
pre改行やスペースをソースそのままに表示、ブロックエレメント
sampプログラムの出力例
数式、化学式
sub下つき小文字
sup上つき小文字
プログラム、数式
varプログラムの引数や数式の変数
その他(記録用)
del削除済み。関数や引数などの削除があったら
ins追記。関数や引数などの追加があったら

JavaScript

 <pre> エレメントの定義は、HTMLPreElement インターフェイスを参照してください。

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。

その他の属性はHTMLPreElementを参照してください

動作の確認

 以下に上記の属性のvalueから<pre> エレメントを作成します。