備忘録的プログラミングリファレンス

<code>,<kbd>,<pre>,<samp>,<var>,<sub>,<sup>,<del>,<ins>

 プログラム、数式、科学式、日誌に用いるタグです。必ず使わなければならないわけではありません。

プログラムコード例、出力例、変数<code>,<kbd>,<pre>,<samp>,<var>

 プログラム例、出力例、変数を明示するために使うタグです。

<code>

 プログラムコード例として表示します。ユーザ既定の等幅フォントを使用します。改行やスペースをソースそのままに表示したいときは<pre>を使います。

<kbd>

 キーボードによる入力例を表します。等幅フォントで表示します。

<pre>

 改行やスペースをソースにある記述そのままに表示します。等幅 ("monospace") フォントで表示します。ただし、<や>は特殊文字を使う必要があります。

<samp>

 プログラムの出力例であることを表示します。ブラウザーの既定の等幅フォントです。

<var>

 プログラムコードの変数や引数などを明示します。フォントははブラウザーに依存です。

科学式や数式

<sub>

 下つき小文字として表示します。科学式や数式に用います。

<sup>

 上つき小文字として表示します。科学式や数式に用います。

削除された内容や追記された内容の補足<del>,<ins>

 文章において削除された内容や追記された内容を補足する際に、その内容を明示するために使います。

<del>

 削除ずみとして明示するために使います。表示は取り消し線付きになります。パラメーターに、変更日時や要因になった元のURLを設定できます。

<ins>

 <ins>エレメントは、新たに追記したことを明示するために使います。パラメーターに、変更日時や要因になった元のURLを設定できます。

 googleのスクリプトで<ins>利用されているのをみます。読み込みパラメーターを整理することに利用しているようです。