備忘録的プログラミングリファレンス

<var>エレメント

インラインエレメント

 <var>エレメントは、variable(変数) の略で、数式の変数やプログラムの引数や返り値を表すエレメントです。イタリックで表示されます。
 インラインエレメントで、テキスト中に使うことができます。

例:<var>エレメント
<var>y</var> = 2<var>x</var> + <var>a</var>

詳しくはExampleを参照してください

 イタリック書体を使いたい時は、<span>エレメントなどでスタイルをfont-style:italicで使ってください。 ブラウザによっては、<var>エレメントの表示はイタリックでない可能性があるからです。

数式やプログラムコードのエレメント

 数式やプログラムコードに関連するエレメントは以下があります。

エレメント名概要
プログラム
codeプログラムコード例などに、インラインエレメント
kbdキーボード入力例
pre改行やスペースをソースそのままに表示、ブロックエレメント
sampプログラムの出力例
数式、化学式
sub下つき小文字
sup上つき小文字
プログラム、数式
varプログラムの引数や数式の変数
その他(記録用)
del削除済み。関数や引数などの削除があったら
ins追記。関数や引数などの追加があったら

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。

その他の属性はHTMLElementを参照してください

Example

 以下に上記の属性のvalueから<var>エレメントを作成します。