備忘録的プログラミングリファレンス

:default クラス

 :default クラスは、デフォルト設定されていたらスタイルを反映する擬似クラスです。
 デフォルト設定とは、<input>エレメントにおけるchecked、<select>エレメントにおけるselectedです。 ほとんどの場合<FORM>部品が対象になります。
 <submit>ボタンといった<FORM>エレメントにとって既定のエレメントも対象になります。 <button>でも既定のものとみなされる場合は対象になります。

:default クラス
input:default{
	color: green;
}

button:default{
	color: red;
}
動作の確認は Example を参照してください

ページ内 Index

構文(Syntax)

CSS

HTMLElement:default {
  style_propaty: value;
	...
}

DOM ( JavaScript )

 疑似クラスはDOM ( JavaScript )から操作できません。
 スタイルのみの操作は擬似クラスを利用したほうが簡易です。

Example

 :defaultの例です。

 複数の<button>エレメントやボタン部品になる<input type="submit">や<input type="image">があると最初のボタン部品が既定とみなされるようです。