備忘録的プログラミングリファレンス

flex-basis プロパティ

 flex-basis プロパティは、display:flex;が設定されたフレックスコンテナにおいて、子エレメント(フレックスアイテム)の幅を指定するプロパティです。
 このプロパティはフレックスアイテムに指定します。

 もしも、フレックスアイテムにwidthプロパティが設定してあると、この値が優先されます。

フレックスアイテムの幅を200pxで指定(Exampleを参照
.parent{
	display: flex;
}

.flex_item{
	flex-basis: 200px;
}

 flex-basis プロパティと似たプロパティに、flex-growflex-shrinkプロパティがあります。
 flex-growプロパティはフレックスコンテナの幅に余りがないように拡がります。 flex-shrinkプロパティはフレックスアイテムが横に並びきらない場合の縮小比の指定です。

 値はキーワードでも指定できますが、キーワード値はエレメントの内容と元の設定値によって幅が決まります。

ページ内 Index

構文(Syntax)

CSS

flex-basis: auto | number | initial | inherit ;

DOM ( JavaScript )

値の取得
String = object.style.flexBasis;
値の設定
object.style.flexBasis=" auto | number | initial | inherit ";

値(Values)

Value摘要
auto初期値(default値)
numberCSSの長さ
fill内容に合わせる
max-content内容に対する最大限の幅
min-content内容に対する最低限の幅
fit-content内容に合わせる
content内容に合わせる
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)auto
継承(Inherited)No
CSS AnimationYes

Example

 flex-basis の例です。flex-basis プロパティはフレックスアイテム(子エレメント)に指定します。 どこかにwidth プロパティが設定されていると、この値が優先されます。

 キーワード指定もできますが、ここでは機能しているか分かり易いように絶対値で指定しています。