備忘録的プログラミングリファレンス

flex-directionプロパティ

 flex-directionプロパティは、display:flex;が設定されたエレメントの子エレメントの並びを指定するプロパティです。並びとしては横並び(row)とその逆順、縦並び(column)とその逆順が設定できます。

 flex-directionプロパティを使うには、エレメントにdisplay:flex;を設定していなければなりません。

構文(Syntax)

CSS

flex-direction: row | row-reverse | column | column-reverse | initial | inherit ;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.flexDirection;
値の設定
object.style.flexDirection=" row | row-reverse | column | column-reverse | initial | inherit ";

Values

Value摘要
row初期値(default値)、横並び
row-reverse横並びで逆順
column縦並び
column-reverse縦並びで逆順
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)row
継承(Inherited)No
CSS AnimationNo