備忘録的プログラミングリファレンス

min-heightプロパティ

 min-heightプロパティは、エレメントの最小の高さを指定するプロパティです。
 例えば、webページの最小の高さを決めておくことでサイト全体として統一感を出すことができます。

エレメントの最小高さを500pxに(Exampleを参照)
min-height: 500px;

 コンテンツの高さがmin-heightプロパティの値より大きい場合はmin-heightプロパティは機能しません。

 heightプロパティの値がmin-heightプロパティより小さい場合にはmin-heightプロパティの値が優先されます。

関連するプロパティ

 以下の関連するプロパティがあります。

heightエレメントの高さ
max-height最大高さ
widthエレメントの幅
max-width最大幅
min-width最小幅
resizeユーザーがサイズを変更可能に

構文(Syntax)

CSS

min-height: length | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.minHeight;
値の設定
object.style.minHeight="length | initial | inherit";

値(Values)

Value摘要
0初期値(default値)
lengthCSS長さの単位
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)0
継承(Inherited)No
CSS AnimationYes

Example

 min-heightの例です。常にmin-heightの設定より大きくエレメントが表示されます。高さを合わせたい時に使用します。