備忘録的プログラミングリファレンス

max-heightプロパティ

 max-heightプロパティは、エレメントの最大の高さを指定するプロパティです。

 コンテンツがmax-heightプロパティの値より大きい場合にはコンテンツがオーバーフローします。このオーバーフローはoverflowプロパティによって操作できます。

エレメントの最大高さを500pxに(Exampleを参照)
max-height: 500px;

 heightプロパティがmax-heightプロパティの値より大きい場合にはmax-heightプロパティが優先されます。

関連するプロパティ

 以下の関連するプロパティがあります。

heightエレメントの高さ
min-height最小高さ
widthエレメントの幅
max-width最大幅
min-width最小幅
resizeユーザーがサイズを変更可能に

構文(Syntax)

CSS

max-height: none | length | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.maxHeight;
値の設定
object.style.maxHeight="none | length | initial | inherit";

値(Values)

Value摘要
none初期値(default値)
lengthCSS長さの単位
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)none
継承(Inherited)No
CSS AnimationYes

Example

 max-heightの例です。heightよりもmax-heightの値を小さく設定してあります。実用的には意味のない設定です。