備忘録的プログラミングリファレンス

resizeプロパティ

 resizeプロパティは、エレメントの大きさを閲覧するユーザーが変更できるようにするプロパティです。

 resizeプロパティは、overflowプロパティに"visible"以外を設定しないと機能しません。

エレメントを縦にも横にもリサイズ(Exampleを参照
overflow: hidden;
resize: both;

関連するプロパティ

 以下の関連するプロパティがあります。

heightエレメントの高さ
max-height最大高さ
min-height最小高さ
widthエレメントの幅
max-width最大幅
min-width最小幅

構文(Syntax)

CSS

resize: none | both | horizontal | vertical | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.resize;
値の設定
object.style.resize="none | both | horizontal | vertical | initial | inherit";

値(Values)

Value摘要
none初期値(default値)、リサイズしない
both縦にも横にもリサイズ
horizontal横にリサイズ
vertical縦にリサイズ
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)none
継承(Inherited)No
CSS AnimationNo

Example

 resizeの例です。閲覧中にエレメントのサイズ変更ができます。
 overflowプロパティの値に"visible"以外を指定します。overflowプロパティは内容にはみ出す部分があったら、はみ出す部分を表示しない、スクロールを表示するを選択できます。