備忘録的プログラミングリファレンス

padding-rightプロパティ

 padding-rightプロパティは、エレメントの表示領域内の右側に設定される余白を指定するプロパティです。 borderより中に設定されます。

 指定値は正数です。

エレメントの表示領域内の右側に余白(Exampleを参照
padding-right: 2em;

 エレメント内に余白を設ける方法には、paddingpadding-toppadding-bottompadding-leftがあります。

 デフォルト状態で、padding-*を設定するとエレメントのwidthプロパティの設定以上の大きさになります。 width値以下に内容を収めるにはbox-sizingプロパティを使用します。

構文(Syntax)

CSS

padding-right: length | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.paddingRight;
値の設定
object.style.paddingRight="length | initial | inherit";

値(Values)

Value摘要
0初期値(default値)
lengthCSS長さの単位
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)0
継承(Inherited)No
CSS AnimationYes

Example

 padding-rightの例です。id="OVER"エレメントの内容の右側に空白が設定されます。

 灰色の部分がpaddingになります。