備忘録的プログラミングリファレンス

padding-topプロパティ

 padding-top プロパティは、エレメントの表示領域内の上側の余白を指定するプロパティです。 padding プロパティの上側だけを指定です。padding プロパティは、borderより中に設定されます。

 指定値はCSS長さの単位を参照してください。

エレメントの表示領域内の上側に余白
padding-top: 2em;
詳しくはExampleを参照してください

 padding は、エレメントの表示領域内として扱われます。同じ様な機能をもつmargin プロパティは表示領域外として扱われます。

 エレメント内に余白を設ける方法には、padding-bottompadding-leftpadding-rightpaddingがあります。

構文(Syntax)

CSS

padding-top: length | initial | inherit;

DOM(JavaScript)

値の取得
String = object.style.paddingTop;
値の設定
object.style.paddingTop="length | initial | inherit";

値(Values)

Value摘要
0初期値(default値)
lengthCSS長さの単位
initial初期値に戻す
inherit親エレメントのプロパティを継承

備考(Remarks)

初期値(Default value)0
継承(Inherited)No
CSS AnimationYes

Example

 padding-topの例です。id="OVER"エレメントの内容の上側に空白が設定されます。

 灰色の部分がpaddingになります。