備忘録的プログラミングリファレンス

paste ( onpaste )イベント

 paste ( onpaste )イベントは、設定されたタグエレメント内に何らかのコンテンツをペースト(貼り付け)すると発生するイベントです。 DocumentAndElementEventHandlers に定義されています。

 *このイベントは実験的な技術です。思ったような動きをしない場合もあります。使用には注意してください。

paste イベントを追加( onpaste イベントハンドラーとして追加)
document.getElementById('example').addEventListener("paste", (event)=>{
	console.log( 'event type : ' + event.type );
});
詳しくは Example を参照してください

 <p> エレメントのように内容が編集ができない場合は contenteditable 属性を "true" に設定します。

 ペーストには以下の操作が対象になります。

  • "CTRL + V" によるショートカット
  • ブラウザのメニューバーの「編集」、"Paste" による操作
  • 右クリックで表示されるコンテキストメニューの "Paste" コマンド

 ペースト(貼り付け)機能を無効にするには、onpaste イベントハンドラーを "return false" にします。

ペースト(貼り付け)機能を無効に
onpaste="return false;"

 DocumentAndElementEventHandlers には、その他に、copy ( oncopy ) イベント、cut ( oncut ) イベントがあります。

構文(Syntax)

in HTML

<tagelement onpaste="function()">

in JavaScript

object.onpaste = function(){ };

object.addEventListener("paste", script_);

備考(Remarks)

BubblesYes
CancelableYes
InterfaceClipboardEvent
Supported HTML ElementsALL HTML elements

Example

 paste ( onpaste )イベントの例です。「確認」ボタンをクリックしてください。

確認ボタンをクリックしてください。以下のHTML,CSS,Scriptコード例が実行されます。