備忘録的プログラミングリファレンス

<abbr>エレメント

インラインエレメント

 <abbr>エレメントは、略語であることを表示するエレメントです。発音が略語どおりではない場合にも使います。例えば、HTML、XMLなどです。
 title属性に正称や説明を定義しておきます。マウスポインターを上にもってくると表示します。

例:<abbr>エレメント

<abbr title="Hypertext Markup Language">HTML</abbr>によってもwebページを作成できます。

詳しくはExampleを参照してください

 インラインエレメントで、テキスト中に使うことができます。必ずしも使わなければならないわけではありません。

引用、定義、出典

 引用、定義、出典に関連するエレメントには以下があります。

エレメント名概要
abbr略語に用いる
address連絡先やメールアドレスだが、使わないことが多い
blockquote引用に用いる。ブロックエレメント
q引用に用いる。インラインエレメント
cite出典、参照先があることを明示
dfn定義された語句であることを明示

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。
title正称、何の略語かを説明

その他の属性はHTMLElementを参照してください

Example

 <abbr>エレメントの表示例です。以下は編集ができ、動作確認ができます。

 title属性に正称や説明を定義しておきます。マウスポインターを上にもってくると表示します。