備忘録的プログラミングリファレンス

<blockquote>エレメント

ブロックエレメント

 <blockquote>エレメントは、引用の明示を想定したエレメントです。囲まれた範囲が対象になります。

 <blockquote>エレメントは、ブロックエレメントで字下げのある段落として表示されます。

例:<blockquote>エレメント
<blockquote>
建久元年(1190)十月小三日甲申。令進發給。御共輩之中爲宗之者多以列居南庭。
而前右衛門尉知家自常陸國遲參。令待給之間已移時剋。御氣色太不快。及午剋。
知家參上。乍着行騰。經南庭直昇沓解。於此所撤行騰。參御座之傍。仰曰。依有可被仰合事等。
被抑御進發之處遲參。懈緩之所致也云々。知家稱所勞之由。
</blockquote>

詳しくはExampleを参照してください

 必ずしも使わなければならないわけではありません。

引用、定義、出典

 引用、定義、出典に関連するエレメントには以下があります。

エレメント名概要
abbr略語に用いる
address連絡先やメールアドレスだが、使わないことが多い
blockquote引用に用いる。ブロックエレメント
q引用に用いる。インラインエレメント
cite出典、参照先があることを明示
dfn定義された語句であることを明示

JavaScript

 <blockquote> エレメントの定義については HTMLQuoteElement を参照してください。

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。
cite引用元の参照先URL

その他の属性はHTMLElementを参照してください

Example

 <blockquote>エレメントの表示例です。以下は編集ができ、動作確認ができます。
 字下げのある段落として表示されます。